• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 406
  • 公開日時 : 2016/06/08 17:03
  • 更新日時 : 2020/10/29 16:44
  • 印刷

補助アビリティについて

回答

補助アビリティはプレイヤーがコマンドとして使用することはできません。
各コマンド使用時に一定の確率で、使用したコマンドの補助としてBPを消費せずに発動します。
 
同じ補助アビリティを持つ別名カードをデッキに編成している場合、それぞれ発動抽選が行われるので発動率が上がり、同時に抽選された場合はアビリティレベルが高い方が優先されます。また、効果が同じ補助アビリティでも、アビリティ名が異なっている場合は重複して発動することがあります。
 
■エール効果アップ系補助アビリティと属性強化奥義の効果について
エール効果アップ系補助アビリティの元となる後衛エールアビリティの効果値は、「剛・賢・瞬・仁・悪属性の強化奥義の効果が考慮されない値」となります。
 
なお、剛・賢・瞬属性の強化奥義発動中に使用した同属性の後衛エールアビリティに対して、同属性のエール効果アップ系補助アビリティが発動した場合は、後衛エールアビリティ・補助アビリティそれぞれが属性強化奥義の効果を受けることができます。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

お問い合わせ